ギミー・ヘブン
インタビュー
DVD




監督 松浦徹
脚本 坂元裕二



キャスト
江口洋介 葉山新介
安藤政信 野原貴史
宮崎あおい 路木麻里
石田ゆり子 柴田亜季
松田龍平 ピカソ/帆村薫





story

新介は弟分の貴史と一緒にヤクザの紺野の下請けで、盗撮サイトを運営している。新介は、他人とは違った感覚を持つ「共感覚」に深い孤独を持ちながら生きている。

ある日豪邸で殺人事件が起こる。殺された死体を階段から眺めると、その血痕が絵のように見えることに、警視庁のキャリア警部・柴田亜季と刑事が気づく。その家の養女麻里は、幼い時に母親を亡くし、施設で育てられるが、養女になる家族が次々と謎めいた死を遂げている。

新介たちの盗撮カメラに倒れている麻里が映し出され、二人は麻里を助け、事務所で同居生活が始まる。
しかし、麻里を狙うピカソから、「麻里を返せ」と脅迫される。麻里を守るために逃亡を企てるが・・・。




よかったですよ・・私は。
面白かった・・という言葉はあてはまらないけれど・・・。
なんか自分の中の感性とぴったりあってしまった・・という感じ。


最初に盗撮サイトということで、かなりヤバイ映像が流れて、さすがにチョッと焦ってしまいました。なんせそんなもん見慣れてないもの・・。ま、たいした映像じゃないんですけど〜なんせ、私・・ウブなもんで〜(爆笑)。
この映画・・まず江口君の「声」が好きです・・。
なんかハートの内側を針でクィっクイ!!つつかれる気がします。


試写会の舞台挨拶で、安藤クンが宮崎あおいちゃんのことを「カワイイ〜カワイイ〜」連発した理由がわかりました。なんか存在そのものが可愛いかったです。
安藤クンは江口君を慕いながら、謎の美少女あおいちゃんに惹かれていきますが、私は安藤クンってあまり知らなかったので、こんなに美形だとは思いませんでした。江口君が渋めなら、安藤クンはあま〜いという感じで、このツーショットコンビ、所々ちっちゃく面白い掛け合いをするので、そういうのって江口君の得意とするとこなので、思わずくすっと笑ってしまいました。

とてもキレイな映像が出てくるのですが、一番好きなのは、江口君の白いパーカーに雨が降り注ぐシーンです。ほとんどラスト近くなのですが、心が静かにざわつきました。
そして、凶気の桜と似ている映像が出てきて、「あっ!」と思いました。桜がいっぱいの橋に江口君がたたずむ姿が本当に美しくて・・でも後ろからナイフで刺されるんじゃないかと、ハラハラしちゃいました。

そして予告映像でもありましたが、事務所の屋上で、江口君が大の字になって寝っころがるシーンです。革パンです。ぴちぴちの・・。今回ここには触れないでおきます。とんでもないことを書いてしまいそうですから・・(ー_ー)!!
カッコイイ〜なんてもんじゃありません・・。もう〜・・・・・・。いえ・・やめときます。

後のお楽しみは・・・ベットシーンでしょうか。
これは・・たいしたことはしてないんですけど・・・・。別バージョンにして日記ではじけようと思います。(笑)


この映画が「共感覚」というのを、大きなテーマとして取り上げていることはわかっています。その「共感覚」というものが、この映画を見ていても、よくわからない・・、もっと「共感覚」としての表現を入れるべきではないのか・・と、映画を見た・・という人たちが、感想として述べているのをいくつも読みました。
でも・・私はそう思いませんでした。

だって「共感覚」とは、多くの人間が普通に見て、普通に感じることが、別に見えて、別に感じてしまうわけです。もし仮に友達が、身近な人が「共感覚」の持ち主で、こう〜見えて、こう〜感じるのだよ!!と言われたとしても、「ふ〜ん、そうなんだ。」と答えはしても、そういう絵を描いてくれたとしても、自分に見えているものしかたぶん理解できないと思うからです。

映像で映し出される共感覚は、美しいものでも、すばらしいものでもありませんでした。ただただ奇妙でどこか滑稽な気がしました。
花は地面に咲いているからこそ、美しいもの・・どんなにキレイなものでも空から矢のように降ってくるとは・・・。江口君とあおいちゃんの上に降り注ぐガーベラをみた時に、共感覚で生きていることの恐ろしいほどの孤独を、私なりにうっすらと感じていきました。

だからこそ、この二人が「共感覚」を言葉で確認しあうシーンが、心に響いてくるのです。深く苦しく重い孤独の色から、淡く暖かい色に変わっていったのがよくわかるのです。

「やっと・・会えた。」
それは二人の思いだったように私は思いました。

ラストは・・・・。
私はあれでよかったと思います。
麻里も新介も・・互いを受け入れ、そして自分自身を初めて受け入れたのだと理解しました。

エンドロール前・・。
あれは新介が偽物(フェイク)の世界で生きてきた、たった一つの証なのかと・・。






自分だけが違う・・。
果てしないほどの孤独・・そして絶望。
そこでもしも希望という名の光があるとするならば・・・
もしかしたら・・私と・・俺と・・同じ人間がいるかもしれない・・。
けれど・・もし・・いなかったら・・。
どうなってしまうのだろうか。

孤独より恐ろしいものがある・・・。
そこに堕ちたくない・・。
堕ちたくない・・・。
そう思いながら生きてきた。
けれど、心の奥底では・・そっと秘かに求めていた。
希望という名の光を・・・。

そして、やっと・・・めぐり逢えた。