テレビ朝日 はじめまして、愛しています    2016・7・14~
主題歌槇原敬之「理由」 木曜21:00~ 


 キャスト 
 尾野真千子 梅田美奈 
江口洋介  梅田信次 
   
横山歩  男の子 
 速水もこみち 梅田巧 
坂井真紀  不破春代 
余貴美子  堂本真知 
藤竜也   追川真美





第1話「 夫婦は捨てられた子の本当の家族になろうと思った」 10.0%
 

信ちゃんに誰かの影を感じるんだな・・・誰だろ。

あまりの浮きっぷりキャラで、自分を落ち着かせるのに数日かかった(笑)
ちまたでは、「あんちゃん」「あんちゃん」言われているんだけどそうかなぁ。似てるけどなんか違う・
勝男も似ているけど、なんか違う。




信ちゃんの大好きな美奈ちゃん♪
あんなに愛されて、ホントうらやましい。

美奈ちゃんは、なんとかピアニストって部類に居れてもらっている模様。。有名な指揮者の父親のコネとはいえ、演奏会で弾くって、スゴイじゃないの。とはいえコンクール49連敗中・・・35才・・・・。他人だから言っちゃうけど、そろそろ夢より現実みようよ。

そうはいっても、ピアノの先生やるたびに、便器に頭突っ込んで叫んでるんじゃ、向いてないかも。だいたいあんなヘンなカギばっかりしか習いにこないピアノ教室って・・終わってるよ。なんとなく美奈ちゃんは子供好きじゃないっぽいもんね。子供だって感じるんだよ、たぶん(笑)
でも、便器に顔つっこむ描写は、あんまり見たくないわぁ。若干の嫌悪感あり。


そんな中に突然あらわれた謎の男の子。
親に育児放棄されて監禁されていた男の子。
名前も言えない男の子。

確かに可哀そうなんだけど、その子を養子にしよう~と思う信ちゃんの気持ちが、あまりにも早すぎて「えぇ!!~~~~??」って思っちゃうんだな、これが。

気持ちの変化を、もう少し丁寧に時間かけてくれないから、信ちゃんが野良猫拾おうとするみたいな、軽いアホなダンナに思われちゃったじゃないの。ヒドイわ!脚本家の先生サマ。

しかもさ、美奈ちゃんに相談するまえに、妹の春代さんに話しちゃうなんて、ありえないっし。それにしてもこういう調子いい小姑、いるいる~~~感出てましたねぇ。「おねえさん、おねえさん」って持ち上げながら、ずうずうしいタイプ。っていうかさりげなく合鍵で勝手に家に上がりこんでるじゃないの!!いやいや~~ここ、なにげにやりすごせないんですけど。
でも、養子縁組に大反対してくれたから、大目にみよう。


そして弟の巧。このイケメン具合は、たしかに兄弟でいいわ。
女ったらしでフラフラしている設定が定番過ぎてつまらないけど・・。
それにしても、春代の子供がいる前で、精子が薄いとか愛の交流がないとか~~今晩がんばれとか・・やめなさいよ!!

赤の他人を養子縁組するくらい子供が欲しいなら、自分たちの子供つくろう~~って流れになるわけだが、それに対して信ちゃんのあの挙動不審っぷり。何かあるわ、きっと。
本当に精子が薄かったりして・・・。

昔の回想シーン、美奈ちゃんの引っ越し先の下で、ピアノを聞いて警官ともめていたけど、そもそも防音効いている部屋探してあげたんじゃなかったっけ・・どういうこと?脚本家の先生サマ。

3回も美奈ちゃんちにやってきた男の子。
トラックに轢かれそうになったシーンは、信ちゃんの人柄がよくでていたわ。それに比べて美奈ちゃんたら・・「アタシのコじゃないわよ!!」って言いたかった気持ちわかるけどさぁ~~、今は目の前でへたりこんでいる子供を抱きしめてあげようよ。

もう信ちゃんの中では、この男の子の存在が消せないようで、なんとかコミニケーションをとろうと必死。
このままじゃ、俺たちもう会えないんだ!!って、わかりませんけど、信ちゃんに会いたくて来ているわけでは、ないんじゃないかと思うんですけど。

男の子がピアノに興味を持っているらしいと気づく信ちゃん。
美奈ちゃん、なんか弾いて!!を受けて、「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド♪」を弾くピアニストの美奈ちゃん。
子供ウケする曲を弾くこともないピアノ教室の美奈先生。

いやいや、いいんです。
「ドレミファソラシド」こそ、「ドレミの歌」につながるわけですから。
そして、ドーナッツ、レモネードのレモン、につながったわけです。
たぶん、ここが一番の「どうだ!!」ポイントなんでしょう。

ドはドーナッツ、レはレモン♪ときたら、ミ~~は「みかん?」とか思っちゃった私。みんなだったのね~~とっさに替え歌にしたのかと思ったら、もともと「みんな」だった。(恥)

だもんで、その「みんな」の3人での肩組ショットに、キュキュキュン・じわ~~っときた。そして信ちゃんのうわずった歌声がさらにぐぐぐ~~っと。
顔じゃなくて声で伝わってきたわ。

感動の盛り上がりで終わりなのかと思ったら、ちゃんと現実に引き戻してくれる堂本さん。一時の感情で、養子とかもらっちゃっても、いろんな問題があるのね。そりゃそうよ、実の子だって、いろいろ難しいわけなのに、よくわかんない子供を養子にしようって根拠がお人よしだけじゃ、薄すぎるってもんよ。

信ちゃんがさぁ、1回目見た時は、ウザいなぁ~~、浮いているなぁ~~、とってつけた感あるなぁ~と思ったわけよ。

けど、もう一回時間をあけてみたら、さほどウザくない。
なんでだかわからないけど・・・慣れたのかしら(笑)

信ちゃんのお人よしっていうよりは、直感だけで生きているアホっぷりが、なんとなく許せちゃうのは、やっぱ少年のような「かわいいさなんだよなぁ。

飼い主の美奈ちゃんに尻尾ふりふりする大型犬信ちゃんってとこ。
美奈ちゃん♪美奈ちゃん♪呼ぶところが、身体がデカイだけに、ちょっと老けてきたゆえに、さらに愛おしさが増すんだわ。<(_ _)>

ぼぉ~~っとしてた男の子のことを考えて、ソファの上でぼぉ~~っとするアホ顔の信ちゃん。
テーブルに両手ついて、ピョンピョン飛ぶ信ちゃん。
アンタの方こそ、子供返りしてんじゃないの?



そんカワユスな信ちゃんだけど、なんかある。
仏壇に父親の写真と中学か高校生くらいの男の子の写真があったので、それが何かあると思う。

たぶん、亡くなった信ちゃんの兄弟で、おにいちゃんなんじゃないのかなぁ。名前が信次だし・・・。そのことが原因で、母親が酒びたり→入院→大学中退→の流れなんじゃないかなぁ。まぁ、これからいろいろ展開していくんだろう。なんせ、力ある脚本家の先生サマが、素晴らしいストーリー&演技指導をなさってくださっているようなので・・。


そうそう、信ちゃんの影にだれかを感じたのかわかった。
あの身振り手振り、あの挙動不審な動き・・

鈴木奈々だ。イヤだわ~~~。
信ちゃん、ごめんよ。<(_ _)>


 第2話「あなたの手は、離さない」 11.4%
 

直してほしいとこは、あまりないけど・

ちょっとしゃべりすぎ、空気読めない、お人よしで余計な苦労をしょいこむ、数字のごろ合わせもほどほどにしてほしい・・by美奈ちゃん

あまりないと言いながら、次々浮かんでくる美奈ちゃんでありました。


何か持病はありますか?

痔・・・です。

いくら持病聞かれたって、痔病まで言う必要ないのにねぇ。さすがお嬢様、素直なところがあるんだわ。

信ちゃん、美奈ちゃんの痔もち告白に、「聞いてないよぉ!!」

痔の報告する奥さんって、それほど多くないわよねぇ。ダンナになんか言いたかないわよ、っていうか、できれば誰にも秘密にしたいわ。

そこでやめときゃいいのに、だからトイレが長いとか・・・イボのほう??まで言っちゃう信ちゃん。イボはないわぁ~~、イボはダメよ。美奈ちゃんが気の毒過ぎる。直してほしいところに、無神経な発言ってのを真っ先にあげるべきよ。


お互いの家族のことがわかったわけだが、やっぱ信ちゃん次男だったのね。お父さんと一緒に交通事故かぁ・・。

いろいろ苦労したんだろうけど、苦労人がまったく顔にでてない信ちゃん。なんたって美奈ちゃんは、あの年になっても悩みのないオトコだと思っていたわけでしょ、ある意味すごいわ。

そして美奈ちゃんの母親はというと・・自殺??

「聞いてないよぉ!!」

お父さんの秘書が愛人??

「それも知らないよぉ!!」

なんで言ってくれなかったって言う信ちゃん。
いやいや、フツー言いませんよ。
言わなくてもいいんじゃない?


そんなふたりのやりとりを見ている堂本さん。
何考えているんですかねぇ、この人のアタマの中のほうが気になるわ。

面談のあとは家庭訪問ですと。
予定よりずいぶん早くきた堂本さん。

絶対わざと早く来たわ~と思う美奈ちゃんに同意。
そこに妹の春代と弟の巧が登場。
あいかわらずのわちゃわちゃ兄弟ですこと。
でもこれが養子もらう環境としては、いいのかもね。

なんでわざわざ他人の子を育てようとするのか・・by信ちゃんママ

まぁ、正直そうなんだよなぁ。まだ自分の子供を作れる年齢なのに・・って思うのは当然なんだよ。そこに何かあるのかもしれないが。

男の子を動物園に連れていく信ちゃん&美奈ちゃん
ピアノで釣ったくせに、動物園につれていく信ちゃん。
わざとらしい偶然の電話で、ふたりの前から忽然ときえた男の子。


「美奈ちゃんが俺のこと情けない夫だと思っているのが嫌なんだよ!!」

ありゃ、信ちゃん意外と自覚しるんだ(笑)

でもでも、情けないまで思ってないでしょ。せいぜい、お気楽なノー天気なヤツくらいだと思うわ。

「文句ばっかり言うなよっ!!」

こめつきバッタが得意技だと思っていたら、信ちゃんにも男らしいとこあるようだ。新たな一面の披露だとワクワクしたら、得意技の拝みポーズでソッコウにワビをいれる信ちゃん「ごめん」<(_ _)>

えぇ~~そういうところが、情けないんじゃないの!!



そこへ都合よく、ピアノが一台。
動物園に・・ピアノがで~~んと、なぜか一台。

こりゃぁもう、ピアノでおびき寄せるしかないわ。
だって、ピアノで釣ったわけだからねぇ。
美奈ちゃんのピアノの音色に誘われて、男の子登場。

そんなにピアノが好きなのか??
ピアノの先生をする美奈ちゃんの腕をみせる時がきた。
ここと、ここを押さえて、こうやってみて~~。

右と左のひとさし指二本で、鍵盤を抑える子供に、教える美奈ちゃん。

なにゆえ、そんなに高いハードルをかすのか?
いやいや、絶対、無理でしょ!!

しかしながら、美奈ちゃんの教えに、天才的に指をはせる、男の子であった。

この子はいったい・・何モノなのか・・・。
そして美奈ちゃんのピアノの先生としての腕は、どうなのか・・。
まぁ、とにかく、これから先、ピアノを餌に事を運ぶのが、いいのではないだろうか。(笑)

ただ甘やかすだけじゃなく、ちゃんとしたことを言う美奈ちゃん。
自分から手をつなげ!!と。アンタが決めろ!!と。

ちょ~~カッコいいわぁ。

信ちゃんが差し出した手を握るかと見せかけて、美奈ちゃんの手を握る男の子。やるじゃん、そりゃそうよね、やっぱごつごつしたおじさんの手より、柔らかそうな女の手のほうがいいってもんよ。ま、そういうわけじゃないけど、この子には信ちゃんの優しさよりも、美奈ちゃんの正しさのほうが響いたのかもね。


今日のあたらしい発見として、OK牧場は、信ちゃんの持ちネタだと思っていたけど、フツーに美奈ちゃんにも浸透していた。できることなら、妹弟たちにも浸透してもらいたい。ガッツさんが一番喜んでいるのではないか。
 第3話「あなたの、あいを、ためします」8.4%
 


仕事の時はしかたなく番号で呼んでいますが・・という堂本さん。
刑務所じゃあるまいし、番号って・・。

まさか本人に「3番君、ごはんだよ~」とか言っているわけじゃないでしょうから「ねぇ、ボク?」「ねぇ、キミ?」とかじゃないのかしら。

意外とあっさり、勝手に名前をつけていいことになったが、ホントにいいのかしら。あくまでも「お試し期間」なわけで、お返しする可能性だってあるわけなのに。なんともそこらへんが子供第一じゃないよなぁ。

「梅田一」一とかいて「ハジメ」
ハジメクンがここに誕生したのであります。


ちゃんと、他の名前があったかもしれないけど、教えてもらえないから~て、こんな子供にちゃんと説明するとこが、信ちゃんのイイとこだな。

自分で勝手に決めちゃって、サプライズうんぬん言いながら、「ハジメのへや」のプレートがつけてあるドア(笑)

ということは、信ちゃんが美奈ちゃんに隠れて、コソコソしながら作ったのかしらね。そんでもって、隙を盗んでドアにかけてきたってことで、いいのかしら・・・。


1日目2日目と、おとなしのカマエでいたハジメクンですが、3日後に、ついに悪魔が降りてきました~~ジャ~~ン♪
すざましいお試し行動が・・始まっちゃったよ。

ジュースまき散らすわ、ケチャップまき散らすわ、粉ぶちまけるわ、バナナの買い占めするわ~~大変だぁ。汚すのもカンベンだけど、やたらめったら買い物カゴに入れられるのは、たまんないわ。なにがって、金かかることがわたしだったら一番キツイわ。

よくわからないけど、信ちゃんち、かなりゆとりある生活のようす。けど、バカがつくほどの、お人よしな信ちゃんは、人の借金背負っちゃったりするんでしょ。なんか頼まれても断れないんでしょ~~損ばっかするタイプなんでしょ~~。どこにお金があるんだろ。

それほどの高給取りにもみえないし、かといって美奈ちゃんのピアノ教室の収入もたいしたことなさそうなのにね。まぁ世界的指揮者のお嬢様だから、実家は金持ちなんだろうけど、あの様子じゃ父親からお金もらっているような感じじゃないしね。

いくらハジメが、バナナやゼリーをカゴに入れちゃったとしても、全部買えるのがスゴイわ。私だったら、アタマ下げて返して回るしかないわ。

美奈ちゃんがストレスで、何度も便器に顔突っ込んでいるってのに、信ちゃんたら・・・。

せっかく仕事休みで家にいるんでしょ、少しは役にたとうよ。
美奈ちゃんがピアノ教室やってんだからさぁ~、その間くらい2階でハジメを見張ってろよ。ホント、役立たずだわ。

おまけにまた自分の妹弟呼んで・・。
美奈ちゃんが大変そうだから、みんなに協力してもらったほうがいいと思ってさぁ~。ですと?

だからぁ、おまえが手伝えよっ!!


だいたい、ダンナの妹弟きたら、嫁としては気を使わなきゃならないじゃない。面倒くせぇ~~よ。お寿司とればいいなんて簡単にいうけど、ハジメのせいでエンゲル係数あがるわ、水道代あがるわ、絶対今月赤字だってのに、このうえ寿司取れ!!しかもアンタの妹弟のために??  はぁ~~~!!!だわよ。

「お試し行動」真っ最中~~に、なんで人を家に呼ぶのか!!って話だし、美奈ちゃんが怒りマックスになるのも、わかるわ。痔だってさ悪化しちゃうわよ。あんな前かがみでデカイ声で叫んじゃ、いつまでたっても痔持ちから抜け出せないわ。

しかし、信ちゃん・・・・

ハジメがソファーにナイフとフォークつきさしてるのに、ただオロオロするじゃん

美奈ちゃんが止めているのを、後ろで見ているだけじゃん

なんで、アンタが止めに入らないんだ。


ハジメのお漏らしに、後ずさりしてうろたえる信ちゃん。

もう~~情けないやら、あきれるやらで、信ちゃんいいとこなし。

美奈ちゃんに、もう少し我慢して~という前に、ハジメのおしっこを雑巾で拭いてやれよ。

賛否両論だった、半分の信ちゃん支持派を、ごっそり逃がした瞬間であった。<(_ _)> 

何やってんだよぉ~~~。


美奈ちゃんが、もうヤダと言うのも当たり前だ。

「あなたのへんな期待とか優しさがプレッシャーになっているのが、わからないのっ!!」by美奈ちゃん

お嬢様の美奈ちゃんだからの言葉だけど、これをわたしらレベルにおきかえると、こうなるわけよ。

「アンタのそのノー天気な空気読めなさぶりが、ウザくてイラっとさせるのが、わかんないのっ!!バカじゃないのっ!!」

ま、これが順当なところだわね。


それでも養子にするっていうなら、離婚!!って言われて、さすがに信ちゃんも、今の状況を理解した模様で・・・


しかしさぁ、あれだね。あんだけぎゃぁこら騒いで、一週間そこいらで「やっぱ無理」

そのつらさを理解してもらいたかったけど、堂本さんに里親のためじゃない、子供のためにやっているだけと冷たくあしらわれてしまった。
その一言は、責められるよりもキツイひとさしよね。

大人の話を椅子に座って、黙って聞いているハジメの姿。
返品されるってことを、身体中で感じているようで施設の人に連れられていく後姿も、気落ちしているように感じる。なんて子役なの。



1人家に帰って、ピアノを弾く自分の手をみつめ、自分から離した手を後悔して、もう一度養子に迎えたいと頭を下げる美奈ちゃん。



「ハジメ~~」「帰るよ、ハジメっ」

振り返るハジメ。

一歩ずつ歩き出すハジメ。

いきなり走り出すハジメ。

美奈ちゃんと信ちゃんのもとへ、飛び込んでくるハジメ。

うぅぅ~~~~~~(>_<)(>_<) 泣ける。

何回見ても泣ける~~。



ホント、いいとこなしの信ちゃんだったけど、里親申請の取り消しをドタキャンしたことで、とりあえず逃がした信ちゃん支持派を、ほんの少し取り戻したかもしれない。

頑張ろうも、松岡修造ももういいから!!今度こそ、身体動かせ、手を動かせ、美奈ちゃんを手伝えよっ!!

そういや、今日はOK牧場なしか・・さみしいな。



 第4話「5才の産声 はじめてしゃべった日」」9.8%
 

ジュースぶちまけが終わったかと思えば、こんどはコアラのあかちゃん攻め。
引き離そうとするも、5歳児に負ける信ちゃん。大の大人だってのに、成人男性だってのに、相変わらずなヘタレっぷりなのでありました。

ハジメのあかちゃんプレイの本格っぷり、すごいわね。
抱っこやおんぶではあきたらず、おしゃぶり強奪するわ、紙おむつはくわ、&粉ミルク買わせるわ・・・哺乳瓶で飲みたいのかしらん。


あかちゃんのクセに、ピアノにだけは反応するハジメ(笑)
あれから、何度も練習しているわけでもないのに、ドレミの歌を弾くハジメ。
しかも、ソはあおいそら~~♪のところで、ちゃんと指をくぐらせてひくなんて、やっぱこの子タダモノじゃないわ。本当の母親がピアノ弾けたりしてね。

トイレって1人で入ることが当たり前だけに、それができなくなった美奈ちゃんにとっては、至福の時間だってことを、あの恍惚顔が実にわかりやすく教えてくれたわ。

しかし、ダマしやがって・・・と思ったのか、おしっこには、おしっこをと、おもらしで報復するハジメであった。あかちゃんのクセして、やりおるわな。
それにしても、紙オムツ会社からクレームは大丈夫なのか?
あんなに、びしょびしょ~もらしちゃって。

まぁ、あかちゃん用の紙オムツに、5歳児はキツイわね。こりゃぁはかせる方が悪いってことよ。



そんなこんなで、毎日大変な美奈ちゃん。
また、指揮者の父親がよけいなことして、イライラマックスの美奈ちゃん。

少しでも楽させようと思って、お寿司を買ってきた信ちゃんにも、あたりちらすしまつ。わかるけどね~~イライラを鎮めてくれるならいいけど、信ちゃんの言動が、よけい癇にさわるんだわ、きっと。


今回に限っては、とりたてそこまで~悪いことしてないわけだし(笑)、気を使っている感はあるし、信ちゃんだってノー天気なだけじゃないわよ。
美奈ちゃんに悪いと思っているから、「ごめん、ごめん」って謝るわけで・・・。

けど、その「ごめん」がイラっとする美奈ちゃん。
たぶん、信ちゃんが悪いわけでもないのに、謝ることがイラだたせるわけよ。

「じゃぁ、どうすればいいんだよ」by信ちゃん

それがわかれば苦労しないわけよ。



ボロボロの美奈ちゃんの前に、堂本さん登場。
心情を吐露する美奈ちゃんを見る、堂本さんの表情で、より大変さが伝わってくるわ。

「NOと言うのはYESと言うのが、怖いからよ」

「周りの人にわかってもらおうとするのは、やめたほうがいい。」

「普通の人がやらない困難に立ち向かっている」

堂本語録が、響くわ。

しかも、今日来たのが、信ちゃんに頼まれたからだって・・やるじゃん信ちゃん。



やるときゃやるよ!!ってことで、・とうとう着ぐるみにまで手を出すという(笑)
、森のクマさん信ちゃん登場。
いや~~ん、デカ可愛い~~。

あの恰好で、家の前で「よし、行くぞ!!」って気合いれてる信クマちゃん好きだわ~~。

「元気だったか~~クマさんだよぉ~~」

あの不自然な動き、慣れてない動きが、素人くさくて、いかにも信ちゃんって感じ。

5歳男児で、クマのぬいぐるみ~って・・どうよ。
よくわかんないけど、戦闘ものの着ぐるみのほうが、くいつく可能性はあるかもね。

当然のこと、ハジメクンには相手にしてもらえないとう・・・。
でもでも、美奈ちゃんには通じた模様。

「本物の父親だね」

えぇ~~~ええ~~~!!そういう感想? 本物の父親だから、着ぐるみかぶれると?・いやぁ~~本物でも、かぶれるひとはあまりいませんよ・・。

まぁね、美奈ちゃんがそう思うならそれでいいわ。
そこからの出産ごっこ。

ど、ど、どういうこと??

ハジメが大人しく協力してるのが、一番びっくりだけど。

ウザイ、うっとおしいと言われていた信ちゃんだけど、それがここで力を発揮&おおきなる役に立つわけよ。

「お母さん、がんばって!!もう少しでイイ子が生まれてくるぞぉ~~!!」

こんなマジメな大芝居できるんだもん、着ぐるみきて、玄関の前で気合いれちゃうのもあたりまえだわ。


「生まれてきて大丈夫だから」

「つらいことばかりじゃないから、楽しいこともキレイなことも、いっぱいあるから」

泣きながら言う信ちゃんに、泣けるわ。

そしてみずから生まれ出たハジメが、信ちゃんに飛び込んでいく。

うぅ~~~~~(>_<)感動

「はじめまして、愛してます」

タイトルコール、きた~~~。



しかし、まさか、ハイハイから、つかまり立ちまでするとは、ハジメのあかちゃんプレイの精度の高さときたら、驚くわ。

そして、あの日がやってきた。

「おかあさん」

ハジメがはじめてしゃべった。

「おかあさん」


おかあさんで終わっちゃうんだろうな~と思っていたら、まさかの「おとうさん」
発言。そうだわね、着ぐるみまできて頑張った信ちゃんを、さすがに無視できなかったのか。あかちゃんから5歳児に成長して、ハジメも気をつかったのかも・・・いいとこあるわ


信ちゃんの大泣き。

顔をくしゃくしゃにして、イケメンは遥か彼方どこへ~~ってカンジだけど、あの顔だけでこっちも泣けるわ。



 第5話 「生まれて初めて書いた手紙」8.8%
 


「ハジメにどんな人間になってもらいたいの?」

気持ちはわかるけど、早くいかないと会社遅刻しちゃうって言いながら、呼び止めてまで今問いかけることかしら?信ちゃんも出勤前にハジメとチャンバラで遊んでいるし、細かいことつつく気はないけど、そういうちょっとした部分が、なんかリアリティーにかけちゃうわけよ。

美奈ちゃんは真面目なんだよねぇ、きっと優等生だったんだろうなぁ。
堂本さんに、どんな子に育てたいか考えてといわれ、もうそのことで頭いっぱみたい。

だいたい、「おはよう」も「いただきます」もまともに言えないハジメに、ガミガミ言いったってしょうがないじゃん。おまけに言い方キツイし~(笑)。

 他人の子だから、黙って聞いているけど、実の子だったら超ウザガれる母親だと思うわ。しつけ以前に、もうちょっとしゃべるように雰囲気作ってあげたほうがいいのにねぇ。

あんまりしゃべらないから、ハジメが何考えているかわからないけど、少なくともハジメなりに頑張る気はあるのにね。自分から字の練習しようとしたり、箸の練習したり・・。かわいいじゃないの。

なのに美奈ちゃんったら、ガミガミガミガミ。

ピアノ教室の邪魔をしたのだって、生徒にやさしくする美奈ちゃん見て、やきもちやいてんのよ。自分にはガミガミおこるけど、よその子にはやさしくしてるんだもん。
自分もピアノ弾いてほめられたいのよ。

美奈ちゃんだって、レッスン代もらっているてまえ、ガミガミいうわけにはいかないの。やさしくするものお金に入っているのよ。そんなことハジメには、理解できるわけないもんね、しょうがないわ。(笑)

ハジメのことで、春代に電話したり、指揮者の父親に電話したりする美奈ちゃん。
相談する相手は、そこしかないのか・・(笑)どう考えてもあまり役に立たそうな二人。でもせっぱつまってる美奈ちゃんには、わらをもつかみたいのね。まぁ、春代も頼りにされて心なし喜んでいるみたいだったから、ヨシとするか。


「愛って何?幸せって何?」

ろくにしゃべらないくせに、難しい言葉に反応するハジメ。
そんな漠然としたこときかれたってねぇ~。好きなこととか楽しいい気持ち~とか、わかりやす~~い、簡単なことくらいがいいのかもね。


いつもピアノでつって成功していたので、今回もまたピアノピアノと言い出す信ちゃん。
体操座りでハジメと二人で聞く姿は、かわいいわぁ~。ハジメがというより信ちゃんがね。


しかし、さすがに今回は、そうは問屋がおろさなかったようで(古い)

「ピアノなんか聞いても幸せじゃない、おかあさんなんてだいきらい!!」だって。

なんかずいぶんいっちょまえな口をきくようになっているハジメ。(笑)


ハジメもさぁ、毎日美奈ちゃんにガミガミ言われて、相当ストレスたまっていたんじゃないの。

いつもは、まぁまぁ~とか、いいじゃないかと、フォローに回っていた信ちゃんが、なぜか「オレの女になんてこと言うんじゃぁ!!」的な、安っぽい&ダサイ、使い古しのセリフでキレる。

えぇ~~、そんなちっこいガキの言葉に、そんな反応しちゃうわけ??やめてほしいわぁ。
そこまで、妻に愛をささげている夫ってのも、ドン引きしちゃうわ。
5歳児にさぁ~~、中高生にでもなってれば、まだ理解できるけど。

それに出ていけ!!はともかく「施設にもどればいいだろ~~」はないわぁ。
ないわぁ~~。ないわよ~~。施設は、アウトにきまってるじゃん。
信ちゃんは、まじ、バカなのか・・・(つらい( ;∀;))

信ちゃん的には、お灸をすえるというお父さんごっごくらいの気持ちだったのかなぁ。
にしても、施設はないわよねぇ~~。
せっかっく、多少上向きになった好感度が、急降下だわさ。

おまけに、5分たったら呼びにいくって、へんな時事ネタぶっこんでくるし。
あんまり手をたたいて喜べるエピじゃないのにね。


そのハジメはというと、堂本さんとこに行ったもよう。
なにげに堂本さんて、早朝から夜まで・・仕事の鬼ね。
前に、信ちゃん出勤前に堂本さんに電話入れたときも、仕事場にいたよなぁ。何時から働いてんだよ。

出ていけと言われたハジメは、出て行ったわけではなく、おとうさんとおかあさんに手紙を書くため、堂本さんのところに行ったようだ。

「ごめんなさい。すてないでください」

やだ~~~~。

「すてないでください」

やだわ。こんなの。

本当の親に捨てられた子供が、すてないでください・・なんて。
こんなこと書かせる気持ちにさせちゃ・・・いかんわよ

ハジメったら、親に捨てられたんだって、自分でわかっているのねぇ。
うぅ~~(;O;)。


自分たちは、お父さんとお母さんになったばかりで、新人だから、よくわかんないんだよぉ。
ま、そうなんだろうけどさ、ちょっとアホすぎるわ。反省しているから、ハジメちゃん、許してあげてちょ。


ハジメのわらった顔、かわいいわ。

かわいいけど、もう幼稚園??大丈夫なのかぁ~~。

そういえば、今回お母さんに対して、キレッキレの信ちゃんに驚いた。

お母さんがアルコールに逃げたせいで、いろいろ大変だったのね。
大学中退して妹や弟の面倒を見たって!!
微妙に恩着せがましい&嫌味な言い方に、信ちゃんの心の闇を感じるわ。

信ちゃんも、ノー天気なだけじゃないのよ。わかっちゃいたけど、あまりにもアレだったので、お母さんに悪態つく信ちゃんが新鮮だわ。



 第6話「実母の影」 9.1%
 


いくら子供みたいなダンナだって、たかが水飲むのに、あんなに口からびちゃびちゃこぼすって・・・幼児だってもうちょっと上手に飲むわよ。
「うめだ はじめ」のネーム見て、おいおい泣いている新しいパパを見て、ハジメは何を思うんだろうか(笑)

根本的に理解できないのが、まだ養子になっていないのに、幼稚園入園って大丈夫なのかな。
「うめだ はじめ」になって、ハジメハジメ呼ばれて、その気でいるのに、万が一養子縁組がダメになったら、どうすんだよ。なんとなく、養子にもらわれる子供より、養子にしたい親の気持ちのが強いのが気になるんだわ。


明日香が、家出したくなる気持ち、わかるわぁ。
あの春代さんにギャァギャア~毎日言われたら、そりゃぁ逃げ出したくなるのもわかるわよ。
トイレでストライキでもするのかと思ったら、叫んでんの。(笑)
絶対美奈ちゃんの影響よね。
とはいえ、便器に顔はつっこんでないと思うわ。
明日香ちゃんだって、そんな気持ち悪いこと、よもや美奈ちゃんがやっているとは思ってないでしょうしね。マネしちゃだめよ!!

幼稚園いじめ問題勃発。
てっきりハジメがキモイとか言われて、イジメられてんのかと思ったら、違うんじゃない。
イジメを止めようとしたのね。

「僕は、悪いことしたの?」

そりゃぁ、そうも言いたくなるわよ

「なんで、謝るの?」

まったくそのとおりよ。

やだわぁ~~。この間までろくにしゃべらなかったハジメに、突っ込まれている新しいパパの信ちゃん。確かにねぇ、暴力はいけないわよ、そこは謝るべきよ。でもだからって、得意先への謝罪じゃないんだから、そんなへーこら~・・・ちょっとねぇ。


せめてハジメには、ちゃんと説明してもらいたいわ。
あんなあたふたしちゃって・・・。
イジメを止めたら、今度はハジメがいじめられるかもしれないしさぁ~・・・だって。
あたしゃ悲しい。

確かにそうなんだけど、それを子供に言ってどうする。
弟に電話したり、仏壇の前で悩んだり、そんな大問題なのか??

それより、幼稚園の先生の能力のなさっぷりが・・・。
だってイジメを止めたってわかっているんでしょ。なのに、謝ってもらえればいいって・・イジメた子を注意しないのか??さっぱり理解できないわぁ。

どうなってんでしょうね、ここの大人たちは。


イジメをみかけたら、どうすればいいか。
勇気を出して、私たちの決心をこの子に伝えよう。

「それは、ハジメが決めるしかない」

えぇ~~~!!??????

「お父さんとお母さんは、ハジメの味方、全力で守る」だって。

えぇ~~~!!???

6歳の幼稚園児でしょ。
しかも虐待されてちょっと前まで、口も聞けなかった幼稚園児でしょ~~?

イジメ問題を、ハジメに丸投げでいいのぉ??
少なくとも、暴力はいけないってことは、言い聞かせなきゃいけないんじゃないの・?

なんか、今日の信ちゃん、微妙にしっくりこないわ。なんかちょっと・・・・アレだわ。



そしてお遊戯会。

なんじゃこの茶番劇は!!

みんなが見ている前で、あの人数で歌っていて、あんなにつつかれてイジメられてんのに、先生なにやってんの?ピアノ弾いている後ろにも先生いたよね。じーちゃん、ばーちゃんだって、様子がオカシイの見えるよね。

ハジメが思いきって、足ドン&ニラミで脅しをかけて終わりかと思ったら、いじめっ子引き連れて、「先生、ピアノを弾かしてください!!」

白鳥の曲の演奏会&ドレミの歌大合唱で、拍手喝さい、万事めでたしめでたし♪だったけど。

何この、ハジメいきなりの出木杉君状態。
しかもさ、このおゆうぎ会に、信ちゃん家族のみ参観??
誰の親もきてないのかしらん。イジメっ子もいじめられっ子の親も、来てないわけ?
信ちゃんのお母さんがたまたま入居してかたら、梅田家のみ勢ぞろいしたってことなのか。


よくわかんないけど、イジメ問題解決ってことで、めでたしめでたしのなか、ついに実母登場!!

「ひかり・・・」

ハジメは、ひかりだったのかぁ~~。

ほんと、素朴な疑問なんだが、あのおゆうぎ会での、ハジメのIQ高いっぷりを見せつけられると、なんで自分の本当の名前言えないの?母親の名前や何があったかとか・・ちゃんと言えそうなんだが。ただ、言いたくなかったってことで、いいのかしら。

しかし、あの猫なで声の「ひかり~」は、嫌な予感がするけど、ちょっとおもしろくなりそうでもある。





 第7話「実母の正体」 9.6%
 

なんか、サブタイ面倒くさくなっちゃったのかしら・・6話をちょっと変えただけじゃん、テキトーすぎないか??

富田靖子は、実母ではなく、祖母だった・・あ~~時の流れを感じるわ。
たしかにねぇ、ハジメの母親にしちゃ年齢が・・。
しかしちょと見、若作りだからさぁ~、なくはないと思うんだが、逆におばあちゃんだといわれると、地味にショックなんだわ。

病院経営している金持ちのばあちゃんがいて、なにゆえ虐待母??なにゆえ今頃名乗りでてきたのかしら。娘に子供がいることも、知らなかった様子。ハジメは「誰?あのオカシナおばあさん?」状態だったもんね。

血のつながった家族が出てきて、引き取りたいっていわれりゃ、返さないわけにもいかないわな。
理不尽すぎるけど、そこは理解できる。
けどさぁ~~、ハジメの気持ちなんてどうでもよくて、こっちがいいあっちがいいと、大人が勝手に決めちゃうのもねぇ、あんまりだわ。

ハジメも「ひかり」って名前だったなら、もう少し反応してもいいのにね。
もうちゃんと喋れるわけで、意外と賢そうだし、前の自分の名前くらい言えないのもおかしいよ。
虐待されちゃって、すべて記憶が消えちゃったならしょうがないけど、なんかいろいろ変。

信ちゃんも、ハジメが一旦施設に戻されることになる説明も、イマイチ美奈ちゃんまかせだし、あいかわらずオタオタしすぎだわ。富田ばーちゃん登場の時だって、美奈ちゃんが矢面にたって、信ちゃんパシリ状態だったし、「ハジメはいい子だ」言ってるだけだもんねぇ~。

ふたりだけになった家で、どんより~~の中、梅田家妹弟登場。
あんだけ、うっとおしかったこの妹弟たちが、よもやホっとする存在に思えるなんて・・オカシイわ。(笑)
今回ばかりはこのずうずうしくて身勝手な妹弟が、いてくれてよかった。
しかも、すっかりハジメを梅田家の一員とみなしている。
春代なんて、ハジメ取り返すために、尾行しろ~とか言って、美奈ちゃんたきつけるし・・。
デカイから尾行は無理とか言ったけど、信ちゃんじゃ頼りにならないってこと、妹はわかっているんだわ。

結局、ハジメは実母のもとへ・・・。

堂本さんも頑張ってくれたのに・・却下。
なんだかんだいいつつ、信ちゃんも美奈ちゃんも、虐待母のもとには戻されないだろう~と思っていたに違いない。

「急いで帰るから、尾行されても気づかないかもしれませんね」by堂本
クールな堂本さんのハートも、美奈&信ちゃんコンビの愛の深さに、ほだされて、尾行Come ON。
もうこれで会えなくなるかもしれないハジメに、必死で言葉をかける美奈&信ちゃん

しかし、富田ばーちゃんの無情なカウントダウンが始まるのであった。



(30秒経過)


(1分経過)

フツー3分とはいっても、本気でストップウォッチするヤツはいねぇよ。
だいたい、そういうのは、アバウト~ってもんじゃない。
だいたい~の世界なのよ。

いつもいつも、肝心なところで、アワアワしてた信ちゃん。
だが残り時間すくなった時に、信ちゃんパワー発揮。

「この世界はな、つらいことばかりじゃないから、美しいこともいっぱいあるってこと、忘れるんじゃないぞ!」

ハジメが梅田家に誕生した時にも、信ちゃん言ってたこと思い出したよ。

美奈ちゃんの、「道に出るときは、車に気を付けるのよ。」が一番泣けた。

大人の世界の理不尽さに、納得できないのに、信ちゃんと美奈ちゃんの言葉には、一生懸命うなづこうとするハジメの健気さに泣けた。



来週は、ハジメがいなくなって、信ちゃんやさぐれ化すんのかしら。
しかし、今週の信ちゃん、全然ウザくないわぁ~~なんだか物足りないわ~~、あっさりだわぁ。
そのかわり、ハジメが「OK牧場」だの「ファイトです」だの言ってくれて、よかったんだけど、いなくなっちゃったしなぁ。寂しいわ。


 第8話「 本当の親になるために」 10.0%
 


ハジメのいない寂しさに、仕事早引きしちゃった信ちゃんの、しょんぼり体操座り。カワイイ~~(笑)

心配してまたまた妹、弟がやってくる。どっから情報かぎつけてくるのか、まぁ信ちゃんが発信元だろうけどね。
うざいけど、出てこないと物足りない存在にまでなってるわ。



「私も一緒に、棺桶に入るぅ~~~」って。葬儀でのお母さんの言葉

生きている人間より、死んだ人間のが大事、残された自分たち兄弟より、父親と兄のが大事って変換した信ちゃん。
そのとき、小学生高学年くらいみたいだったから、そんなふうに思うのもわからなくはないが・・・。
しかし、もう四十過ぎてんだよ、まだそこにこだわり続けているってのも、なんだかなぁ~~。

そのうえ俺が犠牲になって、面倒みてやったんだぞ~~アピールが、なんかせつないわ。
気持ちはわかるけどね、わかるけど、そこはグっと噛みしめるのが男ってもんじゃないの。
毎度毎度、おまえたちのために~~って言われる春代たちも、大変だわ。

そこらへんは、自分も子を持って母親になった春代のほうが、大人だわね。
お母さんも、辛かったんだよ~~~って。
うざいだけじゃなくて、春代なりに苦労してきたんだわ、きっと。
あらやだ、すっかり春代にまるめこまれちゃった私だわ。


正直、なんでそんなに他人の子を養子にしたいのか・・「はてな??」ってのが根底にあるのよ。
おまけに異様な早さで、親子愛が深まっちゃっているし。
自分の子でも、そこまでの絆を持てるか~ってのに、いきなり5才?の子&数か月で、あんなに思い入れするもんなのかな~と、情けの薄い私は思うわけであります。

けど、春代に言われて、自分たちの子ども作ろうか~~?と一瞬でも思ったわけで、最初からそうすりゃいいじゃん♪と思っちゃうわけよ。

今までと空気が変わって、ここであまり絵にならなそうなラブシーンぶっこまれるの?とハラハラしたけど、その気になりかけたけど、やる気にはならなかったみたいで、一安心した。(笑)

よくわからないけど、今まで子供は作らないようにしてきたわけなんでしょうから、これから作ろう~ではなくて、作らないようにするのはやめよう~でいいんじゃないか??

でも、二人とも、どうしても「ハジメ」がいいらしいわ、血のつながった自分たちの子供よりも。


そんなわけで、ひと目だけでもハジメの姿を見よう~ということで、富田ばぁ~~の家に。

外から、ちょっと様子をうかがうだけかと思ったら、不法侵入しちゃう美奈ちゃん&後ろからくっついてく信ちゃん。
ハジメを返してくれと連れて帰ろうとする美奈ちゃん&必死に引き留める信ちゃん。
そのハジメは、美奈と信ちゃんと帰りたいと・・・。
なんか、ハジメが一番可哀想だわ。二人が迎えにきてくれたと思ったのにね。





「どうしてあっちの言いなりになったりしたのよ」責める美奈ちゃん。

「しょうがないだろう、捕まっちゃうし・・」by信ちゃん


いや~~、それはないわ信ちゃん。
そりゃそのとおりなんだけどさ、そりゃないわよ。
信ちゃんの言う通りだし、正しいんだけどさぁ~でも、いまの美奈ちゃんには、火に油を注いじゃうわよ。
よけいカッカさせてどうすんだよ。

もともと、美奈ちゃんは養子とるのに消極的だったわけで、信ちゃんが「ぜひぜひ」「どうしても」って感じで押しまくって、美奈ちゃんがその気になったわけだし、苦労したのは美奈ちゃんだしねぇ。
信ちゃんが冷静でいるほど美奈ちゃんがイラっとするのもわかるわ。

美奈ちゃんにガンガンまくしたてられて、反撃する信ちゃん。
うんうん、やられっぱなしじゃ男がすたる、たまには信ちゃんも言い返したほうが、よくてよ。

とは思いましたよ。思いましたけどさぁ~~

「俺のおかげで警察沙汰にならなくてすんだのに・・」

「感謝もしなきゃ優しい言葉のひとつもかけてくれない」 

いや~~~、それはないわ信ちゃん。そりゃないわ。

それじゃアンタ「俺に感謝しろ~小僧」(笑)じゃないの!!



妹や弟、実の母だけでは飽き足らず、美奈ちゃんにまで、「感謝したっていいじゃないかぁ~~」ってか?


あ~~~あ・・・(フォローする言葉みつからず)



そりゃぁ夫婦喧嘩になりますわ。
とうとう大喧嘩に突入!!!!



きわめつけは・・・




「俺のこと、本当に愛してんのか
よっ

「しつこくプロポーズしたから、結婚しただけじゃないのか・・
よっ!!!




なにげに、この「
よっ!!!」の部分が好き(笑)

だって、笑えるじゃない。

小学生の男子か。

「オマエなんか、知るか
よっ!!」「宿題なんかやってられねぇよっ!!」みたいな。


美奈ちゃんもさ、よもや四十男の「
よっ!!」を聞くとは思ってもいなかったのか、「そうじゃない」って言葉がでてこなかったんだわ。え?違う??違うの??



美奈ちゃんに出て行かれちゃって、飲んだくれてやさぐれる信ちゃん。
おバカでノー天気で、無駄に明るい信ちゃんばっか見てきたから、やさぐれる信ちゃんが妙に新鮮なんだわ。
横顔がなにげにカッコイイし。

いつも突然やってくる妹&弟が冒頭で登場しちゃったものだから、今日は信ちゃん母登場ときた。

すっかりやさぐれ終了した信ちゃん母、「そんなに飲んだら・・」

ついこの間まで、ウィスキーポケットにしのばせて、やさぐれまくっていたアンタに言われたくないって、信ちゃんいうのもわかるわ。

ハジメの歌&ピアノで、やさぐれ卒業したんだっけ・・。
この人も、自分の子より他人の子に反応したんだわ。
かわりに信ちゃんが飲んだくれて、やさぐれの血を受けついたようだ。

そしてそんな信ちゃんは、、介護士の若い女の子(弟の巧の彼女)に説教されたあげく、再び妹&弟登場、しかも今度はダンナと子供も登場。

これまでたいした出番がなかった巧が、信ちゃんと本気でぶつかり、春代も励ましたりで、3人兄弟「ひとつ屋根の下」化し、母から受け継いだ「おそるべきやさぐれの血」を、見事返上する信ちゃんなのであった。

美奈ちゃんも、お父さんと理解しあって、信ちゃんのもとへ・・。


そのとき、信ちゃんは、下痢ぴ~でトイレにこもっているのであった。

「出るにでれなくって」と信ちゃんは言っていたが、「出てるからでれなくって・・」なんじゃね。
まぁね、便器に顔つっこんで叫んでいるより、数倍マシよ。


「愛しています。梅田信二さん」

「梅田美奈さん、死ぬまでそばにいてください、愛しています」



うへぇ~~(笑)

ドラマでも、なんか恥ずかしいわ。ヘンな夫婦。(^^)/


美奈ちゃんが、すっかり「信ちゃん化」してしまった。


おまけに、抱き合って「ハジメ~~!!」「ハジメ~~!!」

うひょっひょ(笑)

ドラマなんだけど、恥ずかしすぎる。 オカシナ夫婦(^^)/


ここで終わっちゃ、オカシすぎるので、再び富田ば~~のもとへ。

裁判するって!!
ハジメ奪還じゃぁ!!


 最終話「二人の母、本当の親は、誰?」11.6%
 


「母さん、愛しています」

「お父さん、愛しています」

もう~~、早々に、こっ恥ずかしい「愛しています」のオンパレード。

夫婦だって、ある程度年月がたつと、「愛しています」??
な~~~にバカなこと言っちゃってんのよぉ!!アタマおかしいんじゃないのっ!バシ!っって感じだと思うのに、母と息子?娘と父?「愛しています」「愛しています」って・・。

最終回だからって、そんなにぶっこまなくてもいいのにねぇ。どんだけ「愛しています」が好きなんだか・・。
一万歩ゆずって、「い」ぬきの「愛してます」、いや、それでも恥ずかしさは薄まらないわ。

裁判しようとするも却下され、それでも奇跡をおこそうと頑張る信ちゃん美奈ちゃん夫婦。
いまだ母親と会話すらできていないハジメを見て、堂本さんだって、本当はこのままでいいとは思えないだろうね。
だからといって、一人でどうこうできるわけじゃないし、あげくのはて特別養子縁組できなかった親から、逆恨みされる始末。

あの親の投げつけた茶色いビンの中身って・・・何?何?何??
それがものすごく気になっちゃって。
なんたって堂本さん、服だけじゃなくて顔にもかかっていたわよ。
口元までかかっていたわよ。
美奈ちゃんの服にも点々とシミが・・・。

まさか・・とは思うけど、それはあんまりなので、どっかの地下水から採取した水だと思うことにした。

死のうと海に入っていくハジメの実母、泉。
やっと、やっと表に現れたと思ったら、暗い海の中かよ。
そしてそれを追いかけて、海に入っていく美奈ちゃん。
「死んじゃダメ!!!」

泉が深いところまでずんずん行ってしまうので、とうとう美奈ちゃん歩いている場合じゃないと泳ぎだしました。

で?、一緒にいた信ちゃんは、いまどこにいるの??

岸のほうで「美奈ちゃ~~ん、美奈ちゃ~~ん!!」叫んで、あたふたしている様子が目に浮かんだものの、いくらなんでも、そこまで役立たずなわけがない。当然美奈ちゃんを追って、後ろから二人を助けるに違いないわ。
CMの間、「信ちゃん、早くっ!!早くぅ~~!!」とやきもきしてたってのに・・・。

なんなの?
もう病院じゃんけ。
しかも、美奈ちゃん、服乾いているっぽいし・・。
あれから何日??何時間??何分??なのか・・。
どっちにころんでも、オカシイ。

美奈ちゃん、海で泳いでいたよね??
洋服どころか、おパンツまで水浸しのはず・・。
髪まで乾いているなんて、どうなっているんだ!!
飛んできた堂本さんなんて、シミのつけられた服がキレイさっぱりなかったことに・・・。(笑)

もう~~、いいかげんすぎないか!!



泉も酸素マスクまでしてたってのにさぁ~~、その日のうちに退院?そして信ちゃんちに直行??
ないわぁ~~。



この後は、とりあえず天才女優2人の熱演をお楽しみください!!(笑)

途中に、ほんのちょびっとはさまれた、信ちゃんと富田ばぁ~による、ガイア劇場編(姿なしの声だけ演技)も、ついでに楽しんでください。


どうして、ハジメを虐待したのか。
どうして、ハジメを愛せないのか。

泉の衝撃の告白は、誰もが納得せざるえない、告白だった。

「あの子の父親は、私の父なんです」


そりゃぁ、子供は愛せないわ。
そりゃぁ、そうだわ。

そんな衝撃的な話きいちゃって、どうすりゃいいのよ・・・。


「子供を大切にしない行いは、どんないいわけをしても、人間として間違っているのよ」

美奈ちゃんが、ちゃんとした大人で、よかった。一番大事なのは、ハジメにとって一番良い方法をみつけること。

それが、梅田家にハジメを養子に渡すこと・・。泉が出した結論なのね。






信ちゃん美奈ちゃんのもとに戻ったハジメの嬉しそうな顔。
あ~~!!、この顔が見れたのは、本当によかった。

堂本さんへのハジメの手紙「あいしています  はじめ」
わぁ~~~ん( ;∀;)泣けるわぁ~~。泣けるわ。
堂本さんのキャラが、このドラマに絶対必要だったわ。
私も言いたい「堂本さん、ありがとう!!」


梅田家で、ノー天気一家勢ぞろい。
美奈ちゃんのお父さんのイイ人??も家族にまぜてもらえて、よかったわ。
美奈ちゃんもハジメを養子にしたことで、育ててもらったことに感謝する気持ちになったってことね。


区役所で、美奈ちゃんがすっかり「信ちゃん化」した分、信ちゃんのうざっぷり存在感が薄まっちゃって・・(笑)、なんか物足りないわぁ~~。正直、この後こそ、梅田家の人々&泉・富田ばぁ~~の物語が面白くなりそうだったのに、終わりだなんてね。


最終回ギリギリまで撮影していたようで、時間なかったんですかねぇ。

最終回が、あまりにもやっつけ感すごいんですけど・・。
汚れた服が汚れてない、濡れてる服が乾いている~から始まって、え??!!なとこばっか。

「どうなるんだ!!」って緊迫感もってCM入ったてのに、なんかコトは片付いちゃっているし。

肝心なところor面倒なとこ?をすっとばしちゃってるんだもん。
そりゃないわぁ~~。
さくさく進みやぁ~~いいってもんでもないし。

結局、泉の衝撃の告白は、どこまで誰に伝えたのかしらね。
正直、本当にわずかな人たちだけで抱えてもらいたわ。
少なくとも、ハジメの耳には一生入れないでもらいたい。



いろいろ気になりつつ、終わっちゃった。
ずいぶんはしょられて、オイシイところだけふんだんに!!見せられたようで、テキトーに片づけられちゃったアタシ!って感じだわ。


江口君、熱演ご苦労様でした。
いろいろ大変だったろうな・・・。お疲れさま。