日本武道館   ジョン・レノン スーパーライヴ 2012・12・8(土) 




「世界中の子供たちに学校を贈ろう 」というオノ・ヨーコさん提唱のチャリティー・コンサート

江口君が出演するいうことで、喜んだのに、「歌」ではなく「朗読」だという事で、ちょっぴり残念。

あらためて、江口洋介=「俳優」のカテゴリなんだなと実感した。
昔、歌をうたったこともある・・くらいの認識なのか・・・(>_<)
いや、なにより「俳優」としてゆるぎない立ち位置にいるのだと、誇らしく思おう。


後日BSにて鑑賞。
次々と歌声で会場が盛り上がっている中、1人朗読する・・やりにくいだろうなぁと、想像する。微妙な空気感、大丈夫かしら・・と。


しかし、そこは「江口洋介」

出てくるだけで、その場の空気を変える存在感があった。

「imajin」

イマジンって想像するって意味なのね。っていうか、ビートルズ自体、あんまり興味なくて歌も聞いたことある程度なので・・・<(_ _)>  ふぅ〜〜〜ん・・って聞いていた。(笑)

ただただ、えぐっちゃん、ウマイわぁ〜♪惚れ惚れする声だわぁ〜♪、出演者の誰よりイケメンだわぁ〜〜♪ って・・ホント、申し訳ありません<(_ _)>

でも、なんか一か所、んっ?今ごまかした??みたいなとこあって、ちょっとドキっとした。
あの舞台で歌うより、朗読するほうが絶対大変だと思う。よくやったわ!!

しかし、ちょっとでもソロで歌わせてあげたかった!!