救命病棟24時 SPECIAL 2002年1月1日
脚本 福田靖 ドリカム 「いつのまに」

江口洋介
松雪泰子
伊藤英明
須藤理彩
田畑智子
小日向文世
宮迫博之
谷原章介
ともさかりえ
押尾学
高橋ひとみ

進藤一生を中心に、日々フル回転する港北医大の救急救命センターに、少年が運ばれてきた。
突然の不法侵入者に突き飛ばされ、頭部を強打している。進藤たちスタッフは、治療にあたる。少年を襲う前にも会社員を襲撃しているという犯人は、現在逃走中。
ふと、テレビニュースに目を止めた進藤は、その犯人・鷹取茂がライフルを奪い、横浜の海を航海中の豪華客船に立てこもったことを知る。船には、救命センターの元医師・香坂たまきが偶然乗り合わせていた。鷹取の打った銃弾が乗客に命中し、船内はパニックに。

血に染まった乗客に駆け寄り、止血するたまき。「早く船をもどしなさい。でないと、この人は死ぬわよっ!」と叫ぶたまきに鷹取は憎悪をあらわにする。鷹取の銃口はたまきに、そして乗客の花沢美奈子へと向けられる。

ケガ人を治療するため、医者を1人だけ連れて来い・・という鷹取に、進藤が向った。




別名
進藤先生パーフェクト版 ともいえる救命SP。

1が偏屈進藤で、2が協調性なしの我が道を行く進藤ならば、このSPは言うことなし、文句のつけどころがない進藤先生なのだ。

なんと、笑顔までちらほらみせてくれるし、救命チームにしっかり溶け込んでいる。TVに出てくるMr.ビーンこと神林先生が、医局長と紹介されるやいなや「?医局長?」と反応する進藤先生が好きだ。この神林先生がモデルの美女相手にマウス・ツー・マウスを指導する瞬間、映像が切り替わる。「あ〜・・・・」とドラマの中だけでなく、見ている私も声に出している。いかにもこういうオチなのか。
だけど、普通は人形でしょう・・・。そんな、あなた、生身の美女相手に、マウスー・ツーマウス・・なんてさ・・。フッ(ー_ー)!!やるわけないだろう。TVをみながら、90%の人はそう思ったはずだ。

そこから豪華客船のっとり事件がはじまるのだが・・。
この押尾の無表情さが、なんとなく怖い。なんだか知らない間に船を乗っ取ってるし、いきなりバンバン銃を打ち込んでいるし・・こういうわけわかんない犯人が一番恐ろしい。

ともさかりえが、隠れて携帯でメールを送るのだが、こういう場合、着信音きっておくだろう。だいたいメールを送れば、返ってくるのがフツーなんだからさ。ベタな展開だけど、それはおいといて・・。

この船に香坂先生がたまたま(笑)乗り合わせていて・・。

「やめなさいっ!!船を戻しなさいっ!!」

とか、なんで命令調で言うのよ〜。
犯人刺激するだけじゃない。っていうか、ああいう言い方って、たとえ犯人じゃなくたって、ムカつくと思うんだけどな。
相変わらずっていっちゃ相変わらずなのかもしれないけど、ありえなすぎる。
結局このことが原因で後にトラウマみたくなっちゃうんだよね。

進藤先生がひとり、船に乗って豪華客船に向かっていく姿は、かなりそそられるのだが、あんな真っ暗闇の中で進藤先生と香坂先生がお互いを確認しあうところが、なんとも???なのだ。豪華客船なんだから、かなり高さだってあるんだろうし・・う・・ま、まずい・・。あら捜しばっかしてしまいそうだ。

進藤先生が乗っ取り船の中に入ってからは、やっぱドキドキした。
特に押尾が今ならまだ殺人者になっていないから、という進藤先生の言葉に
「ど・・どうしようかなぁ〜」という気持ちになっているところに(想像)、TVニュースで「ただいま、先ほどの〜さんがお亡くなりになりました。」とか聞かされちゃって・・ありゃりゃ・・せっかく進藤先生がうまいこといって、犯人のやる気をうせさせていたのにだいなしだ。これだからフジのアナウンサーは・・・。

この乗っ取り事件を延々とやるのかと思っていたら、意外とあっけないほど片付いてしまった。進藤先生がケガをすることもなく、事件は解決と思ったものの、香坂先生が海に落ちてしまう。豪華客船なのに・・・簡単に海に落ち過ぎではないだろうか・・(笑)。
でも・・でも・・でも・・ここで進藤&香坂ドラマが始まるのね。(笑)

海に落ちた香坂先生を助けるべく、海に飛び込む進藤。
ジャンパーを脱いだ時は、ブランドもので高いのか?と思ったけど、そうじゃなくて、下に防弾チョッキを着ていたからなのね。
あんなもんつけたまま飛び込んだら沈んじゃうもんね。
さすが、こんな時も冷静な進藤先生。私だったら絶対着たままだな・・いや・・飛び込みじたいしないだろうけど・・。

「香坂〜香坂ぁ〜!!」って暗い海の中叫ぶ進藤先生には悪いが、呼ばれたって返事できないだろうに・・。

しかしさすが我らが進藤先生。
真っ暗な海の中、沈んでいる香坂先生を見事見つけ出し、船の上にあげたのでありました。パチパチ・・。

いやぁ〜ん・・つまんないわ。

ここは水中カメラを使い、海にもぐった進藤先生が、意識のない香坂先生の腰のあたりをぐっとつかみ、片手で泳いで浮かんでくるシーンがないなんて・・・。

そのかわりといっちゃぁなんですけど・・心マ&マウス・ツー・マウスを見せてくれたのね。ここでも「香坂〜香坂ぁ〜!!」なのね。まぁ、「たまきぃ〜!!」って呼ぶのも変だけど。水びたしの進藤先生もいいわぁ〜。

したたりおちる汗ならぬ海水・・香坂先生のあご?のど?をぐっとあげる手に・・もうやられた。重なり合う唇・・(笑)。

キスシーンと違うのよ・・これは生きるか死ぬかの人工呼吸。
わかっちゃいるけど、つい・・TVの画面に釘付けになる私。
う〜ん・・確かに、キスより人工呼吸の似合う男ってのは、後にも先にも、この進藤一生をおいては生涯出てこないであろう。←大げさ?

チューもしてほしいけど・・・人工呼吸もすてがたい。
どっちかを選べというのなら、迷わず
意識のある中での人工呼吸を希望したい。(爆笑)

この後、病院についてからは、香坂先生のトラウマを気にかける進藤先生の展開になる。銃を突きつけられたことを忘れられなく、恐怖におののく香坂を進藤が抱きしめる。出たぁ〜〜〜〜〜〜
必殺後ろからギュっ!!

いやぁ〜んーーーーーいやぁ〜・・やめてぇ〜−−−−
あ・・まだ、やめないで・・。
はぁ〜???いえ、私の心の叫びでございます。失礼_(._.)_

「大丈夫だ・・・。俺がいる・・。」←違ったっけ??(笑)

お〜お〜お〜・・おまいら、
いつから、そうゆう関係になっているんだいっ!!と、みなさん思いませんでしたか???

なってないんですけどね・・ただの同僚なんですけどね・・。
それはわかっております。
しかし・・それにしちゃぁ、
ちょっとぉ〜、なんじゃないですかぁ〜・・と、一人つぶやいてみる。寂しい私・・・。


ここでもし・・矢部ちゃんが入ってきたら・・・?

「えっ・・!!。進藤先生と香坂先生・・。えっ・・!!そうだったんですか・・。えぇっっ!!!失礼しました。」と後ずさりしながら、走って出いくだろう。(笑)

そして香坂は、同じ押尾の被害者だった、天才子役・神木隆之介の心を救うことによって、自分自身も救われ立ち直っていく。

・・・と、ずいぶんはしょっちゃいました。(笑)

このSPは、なんといっても、進藤&香坂のツーショットが、ものすごくステキ。
絵になるし、雰囲気がある。
言葉はいらないっていうか、言葉は野暮ったくて、2人の間に流れる空気みたいなものが、いろんなストーリーを映し出してくれる。
警察病院帰りの進藤と香坂の歩く距離感がまた・・いい。

そして、最後は城島先生の結婚式(船上)。

くぅ〜・・オシャレなスーツの進藤先生&えぐっちゃん・・
もうやってくれるじゃないの。
なんなんだよ、そのカッコよさは・・いったいなんなんだよ〜(*_*)。

「誰がマウ・トゥー・マウスを・・?」

さぁ・・な。

くぅう〜・・なんなんだよ、おまいら(笑)。

あの海の中、
ほかに誰がいたっていうんだよ〜
進藤先生が海から引き上げたのはわかっているんだからさぁ〜、

「誰がマウス・トゥー・マウス??」だってぇ〜??。


え〜〜〜〜〜〜〜〜っ。
こいつめっ!!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

「さぁ・・な。」

この一言だけで、私の頭は妄想だらけ・・。

そして、このSPの進藤一生・・。
必殺技だらけでございます。

お見事!!。