新春大売り出し!さんまのまんま 2009・1・2(金)
フジTV



17年ぶり2度目の出演

さんまさんに、「カッコイイおじさん」と紹介され、ズッコケた。(笑)
ふりかえると、そこが一番印象に残っている。
とにもかくにも、客席??の女のコたちが「カッコイィ〜〜わぁ〜〜きゃあ〜〜!!カッコいい!!!」と叫びまくるので、江口君相当気持ちよかったのではないか・・。聞いているこっちは、江口君以上に心地よいのなんのって〜〜。たまらない快感だった。

ドアをピンポン♪して、丸いちっちゃな穴のぞきこんだ江口君のお姿を見た時には、なんか地味なカッコウしてんなぁと思いましたよ。よくをいえば、黒のシャツにネクタイして、シャツの袖ちょいまくりあげて登場してもらいたかったわ。あのおじさんカーデガンのかわりに、同系色のベスト(けっして毛糸ではなく、アンフェアの時のようなやつがいい)とかでね。たしかにおじさんのカッコしても、カッコイイわけだが、やはり41ならまだ「カッコイイおじさん」は早いのではないかな。←しつこい?? ま、江口君がそこを目指しているのなら、私は別にいいけど・・。

「トライアングル」のパリロケみやげが、でかエッフェル塔&ちびエッフェル塔、そしてワイングラスのエッフェル塔。どれか1つと言われたら、迷ったあげくエグくて持ちづらいワイングラスを選んでしまいそう。
パリロケ話から、江口君が朝のロケが苦手で、寒いのも苦手だと判明。
さんまさんが、女優さんは腰から下に毛布まいて、ラブシーンとかすると文句をいうと、江口君は「男は下にいろいろはいたりとかできるけど・・」と、女優さんを気遣う。じゃぁ、江口君、下にいろいろはいているのかしら〜〜ヒートテック??と、食いつく私。何かはいている姿は、正直想像したくなかったよ。(笑)

さんまさんが「もうドラマ一生やらない!」と言うので、ああ〜、あの日9で懲りたんだなぁとすぐにわかったけど、江口君は「なんか、いやな思いしたんですか??」あいかわらずマイペースである。
そのあげく「ふぞろいの・・やってましたよね?」だって〜〜〜。

ただでさえ、しゃべりたくてしょうがないさんまさんに、格好のネタを提供するなんて、ホント人がいいんだから。
「ふぞろいは、本に書かれた人です。私がやったのは男女7人です!!」

もうここからはさんまさんの独壇場。

「いたってフツーでした。子供っぽいHをする人です」と、暴露本の自虐ネタを連発し、ウケまくる江口君。
いつのまにか、江口君が聞き役にチェンジしてましたわ。
でも、それも江口君らしいっちゃらしい。
たしかに、さんまさんの話は面白く、江口君と一緒にTV見ながら大笑いしたし。
視聴者の方にしたら、江口洋介ナイスボケ!!と拍手だったと思うよ。別にボケてもツッコンでもなく、単なる間違いだけなんだが・・。そこは天然ということで。

「そっちは若いおねぇちゃんとか言っている場合じゃないからねぇ」
と、さんまさんが妻帯者の江口君のためにふったのに江口君ったら・・

「いやいやいやぁ・・・フッフッフッフ(笑)」ですって。

これを私が訳すと・・

「いやぁ、まだまだ、キレイな若いおねぇちゃんは好きですよ。浮気はしないけどねっ!!」になるんですが・・どうでしょう。

ファンとしては、こういう色気のある話は嬉しいものです。


「あかちゃんの力の入ってない声っていいですねぇ〜マネできないけど」

江口君の言わんとすることが、イマイチわからなかったけど、とにかくわが子が可愛い〜〜ってのだけは伝わってきた。でも、子供の話をする時にいつも感じるのだけど、盲目的というよりはわりと客観的に自分の子供に接しているのかな〜と、そしてその愛情も広大な選択肢を自ら探しているようで、父親なんだけど100%そこに染まらない部分を、少なくとも「江口洋介」としては残してくれて、そこらへんのさじ加減が絶妙だと思う。でも、江口君自身は、まったく計算はなく自然体なんだと思うけど・・。

久々の連ドラということで、さんまさんったら、仕事しない時何してんの?だって。(笑)
ゲストの情報は、まったく下調べしないさんまさんに脱帽した。
去年、映画もやったし舞台もやってんのにねぇ。
さすがにこれには江口君アセってましたけど〜〜。
だからね、やっぱTVの仕事もそこそこやっていただかないと、さんまさんみたいな人が世の中にはた〜〜くさん、いるんだから。

その後宮崎あおいちゃんと宮藤官九郎さん登場

江口君はあこがれの女性をかっさらっちゃった人ということで、さんまさんはつらい立場であることを強調。苦笑いする江口君が、ちょっと自慢げにみえたのは私だけ??
そんな目にあったことはないだろうというさんまさんの言葉に、反論する江口君に注目した。

「ありますよ、ありますよ」

誰ですか?

「誰って・・誰の前ですよ!誰の前!」

ここが最高に面白かった。
マジ想像してしまいました。冗談でしょうけど・・。


終始笑っている江口君が印象的でした。
ホントいうと、爆笑していない時の江口君のほうが、ビジュアル的にはカッコイイんですけどね。
でも、面白かったからいいのではないかな。
なにより、さんまさんも非常に楽しそうにいっぱい喋ってましたから。
さんまさんの話を聞きながらの受け答えで、江口君のよさがちゃんと出ていたし、TVのこちら側も楽しく笑えたのでとてもよかったです。