2005年5月21日(土) 知っとこ「戦国自衛隊1594」番宣登場



「ナオミ知っとこ アイラブユー オセロのふたり、そしてテレビをごらんの皆さん江口洋介です。」とご挨拶

インタビューのお笑い二人(オセロの妹分)が、しきりに江口君を見て、「カッコイイ~、カッコイイ~、お会いできただけで、死んでもいいわ~」と言うと、「いいえ、いいえ、そんなことないです」と首をふってニガ笑い。

何を守るために戦うか?という問いかけに
「実際に、守るっていうのはね・・・今の現実の暮らしとかは、最小限にキープしていきたいな・・」これをスタジオで聞いてるオセロが大笑い。白い方が「それ、わかる、アタシもおんなじやぁ~」と小声で言ってた。

戦国時代に行けるとしたら?の質問には
間髪いれず「いや、行かない!!!」早っ ここで中尾彬さん爆笑。

一応行きましょうよ・・と再度質問
「映画では行かせてもらいましたけど・・行かない」

誰になりたいとかは・・歴史上の人物で・・?
「いっぱいいるけど、そんなことよりか、平和な静かなところに行ってみたい。」

普通の庶民派なんですね~もっとカッコよく、織田信長とかいくのかな~と
「いや、いや、いや・・ナチュラルな自然なところにあこがれますね。」

オセロ中島からの質問・・7年前音楽番組にゲスト出演してもらったのを覚えてます?
「もちろん覚えてます。その時、ボケた質問してなんでオセロっていうの?って聞いた。」

なんて答えてました?
「アッハッハッハ(中島のモノマネしながら)、ものスゴイ覚えています。(正面向いて)いつも見てます!」

苦手なものは?
「雨の日にカエルがいたりとかすると、もう~自分が昔触っていたことを思い出して、うぅ~うとかなる。もう一回ちょっと触ってみようと思って、打破しようと思ってます。」

いいですよ、触らなくてもいいですよ
「いやぁ、悔しいじゃないですか~。悔しいですよ~」

女性にこんなことされたら弱いなっていうのは?
「ね、(笑)いろいろありますけど・・やっぱりね、ナチュラルにね、その子らしく、キュっとこう・・変化・・なんか急に笑ったりする瞬間とかが、・・」
(なぜか急に笑い出すインタビュアー二人)
それを見て
「やると思いましたよ(笑)」

「日本映画の中に、こんなに大きなスケールのものがあったのかという作品になっています。ぜひともビデオではなく映画館のでかいスクリーンでご覧になってください。」としめる。

始終笑顔いっぱいの江口君でした。楽しそうに相変わらず身振り手振りで答えてました。それをスタジオで見ているレギュラー人も、みんな楽しそうに笑いながら見てました